ダテ☆ブロ

日常に想った事をつらつらと書き留めています。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・練習をするという意味について。

もう少し書こうとおもいましたので追記。

■練習にはいくつかの工程があります。

①想像・妄想
 どういう絵を描きたいのか、この絵でどんなことを目標に描くかを決める作業です。
 目を綺麗に描く、動きのある絵を描くなど明確な目標を立てます。
 頭の中で明確に絵を想像してみましょう。
 その後簡単な文章に起こしてもいいと思います。
 
 最初は模写から入るといいかもしれません。
 好きな絵師さんの絵やグラビア写真などをじっくり観察しながら描くといいと思います。
 その線は何の意味があるのか、この絵師はなぜこの線を描いたのか、そもそも自分が描きたい絵に
 必要なのか、を考えながら描くといいと思います。

②描く
 ①が出来たら実際に描きます。
 頭の中で描いた絵をイメージしながら描きます。
 まずはラフをしっかり描きましょう。
 最初は大雑把な「アタリ」から入っていいと思います。
 そこからじっくりと理想とする線に近づければOKです。焦りは禁物なのです。
 僕の場合はシルエットを重視します。シルエットの美しさはバランスの美しさに繋がります。
 
 そして線の入り抜きをしっかり、出来るだけ丁寧に描きましょう。
 ちゃんと線同士が繋がってるのか、はみ出したり余計な迷い線はないか、を注意しましょう。

③人に見せる・意見をもらう
 自分以外の人に見てもらうことはいい刺激になります。
 「適当に描けない」「ちゃんと評価されたい」という思いはモチベーションの維持にも繋がります。
 画像投稿サイトやブログなどで積極的に上げて評価を受けましょう。
 コメントがなくても人は見ています、その視線を感じるのです。
 友人などに見てもらうのもいいと思います。
 良い意見も悪い意見もまずは受け入れましょう。
 大事なのは「見てもらう」「意見をもらう」ことなのです。

④自分でも評価する
 友人やネットでの評価を受けて、自分なりの問題点や成功している点をきちんと評価しましょう。
 できれば文章で明確にしておくといいと思います。
 こういった自分の絵の評価書は後々にスランプで迷った時などに脱出のためのヒントにもなります。

⑤次回のための心構えをする
 次回の練習の時に前回のミスを繰り返さない努力をしましょう。
 復習をするのもいいかもしれません。
 前回と同じ目標でもう一度チャレンジしてみて、出来ていれば成功していますし、まだ出来ていなければ
 改めて問題点の再確認にもなります。
 問題点にしっかりと目を向け、正面から挑みましょう。


大まかにこの繰り返しが練習になります。





■②の「描く」を具体的に僕が描いた模写デッサンで説明しましょう。

デッサン1・2012.10.14合わせ

 元画像はグラビア写真です。
 僕の場合は3次元を出来るだけ自分の好みの体型に合わせながら2次元化していきます。


 まずおおまかなアタリを描いていきます。
 この時は主にシルエットでのバランスのみです。
 細かいとこは気にせず太い筆でザクザク描いて行きます。
 気をつけている点は肩からヒップへのラインです。
 元の画像を観察するとこのラインが重要だと気がつきました。


 ①で描いたアタリの上に新規レイヤーを作り①の画像の不透明度を下げて表示します。
 今度は元画像のボディラインを観察しながら描いていきます。
 ここでも少し太い筆でわかりやすい出っ張り(肩、胸、腰)を強調して描いていきます。
 

 ①を非表示にし、②の画像の上に新規レイヤー、2の画像の不透明度を下げて今度はもう少し細い
 筆で更に細かく描いていきます。
 ここでは微妙な凹凸も元画像を観察しながら描き込みます。
 おおよそここまでが「ラフ」と呼ばれるものです。


 ここからは下描き作業です。
 ③で感じた矛盾を修整しつつ、下描きをしていきます。
 顔の向きや表情が加えられているのがわかります。
 また③の段階で全体的に細い印象を受けたので横に広く描いていますね。
 今まで同様前の画像の上に新規レイヤーで前の画像の不透明度を下げて更に細かく描き込みます。
 ここで陰影もつけています。⑥では線画のみですが色を塗る場合にこの陰影が役に立ちます。
 背景のアタリをつけ、下描きは終了です。


 下描きを元に一本の線にまとめていきます。
 この時とにかく「まるくまるく」と思いながら描いています。
 思考は必ず絵に反映されますので案外馬鹿にならない作業です。


 最後に水着を描き足し完成です。
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment


Body
プロフィール

ダテナオト

Author:ダテナオト
☆Twitter
https://twitter.com/datenaoto2012

☆ニコ生『ダテとスイキョウ生』
co1639204

☆Pixiv
id=4621145

☆慟哭のナイトメア公式サイト
http://doukoku.com/

THEカウンターパンチ
もっと…!
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。