ダテ☆ブロ

日常に想った事をつらつらと書き留めています。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創作とは何なのか。

『創作をする』とはどういうことなのだろうか、と考えることがあります。
創作とひとくちに言ってもいくつかのジャンルに分けられるのですが、大まかには『オリジナル』と
『二次創作』でしょうか。

二次創作はご存知の通り、既存のオリジナル作品から派生した作り手の想像する作品です。
大まかに言うと『オリジナル』『オリジナルの可能性』『個人の妄想』の三種類の要素が含まれています。

ではオリジナルとは何でしょうか?
※ここで語るのはあくまでもクリエイター的な視点に限定します。
 芸術的な視点から考えると当てはまりませんのでご理解の程を。

よくオリジナルとは『今までにないもの』と定義する方がいらっしゃりますが、これはとても特殊なパターンです。
『今までにないもの』の多くは先人が試したが失敗したものが多分に含まれています。
無論それに当てはまらない作品もありますがとても稀で凡人には想像もできません。

つまり『一般的に』オリジナルがオリジナルたりえるのは『製作者以外の観手が共感し、良しとするか』
ということになります。

では、一般的な観手が共感するものとは何か?ということになりますが、これは要するに
『誰もが知っているもの』、『感じたことのあるもの』、『既に現存するもの』、といったものになります。
こういった既存の存在をミックスすることで通常オリジナルと呼ばれる作品は作られています。
よく話しに上がるのが『3つの異なる既存の要素をミックスさせる』方法です。


【方程式】
3つの異なる要素+製作者の妄想=オリジナル


エヴァを例題に挙げると『ウルトラマン』『過去の戦争系映画』『宗教』のミックスです。
この3つの要素をどのくらいの濃度で混ぜるかによってエヴァというオリジナルが構築されています。
ここでいう『どれとどれを混ぜ、各濃度にするか』が『製作者の妄想』になるわけです。
特に関連性のない要素をミックスすることが重要になってきます。

これはデザイン、構図、ストーリーなど全てに当てはまります。


【まとめ】

創造とは、『製作者の妄想の具現化』なのです。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment


Body
プロフィール

ダテナオト

Author:ダテナオト
☆Twitter
https://twitter.com/datenaoto2012

☆ニコ生『ダテとスイキョウ生』
co1639204

☆Pixiv
id=4621145

☆慟哭のナイトメア公式サイト
http://doukoku.com/

THEカウンターパンチ
もっと…!
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。